ソフビヘッドにドールヘアーを植毛する。

1/6サイズのオビツ無彩色無植毛ヘッドに植毛します。
デザインはボブヘアにします。予め、ヘアデザインをしっかりイメージしておきましょう。
オビツヘッドには植毛ラインが予め入っていますので、楽です。
60cm束(30g)で、1/6ヘッドにびっしりの植毛が可能ですが、ここではその半分程度使っています。
それでも植毛ライン(生え際)の見えないボブカットが作れました。
5時間ぐらいの時間で出来ました。

画像クリックで拡大画像表示します。
1:材料を用意します。
オビツW01ヘッドにブラウンヘア
はさみ、布団針(短めが便利です)、櫛、ハサミなどが必要です。

2:ドールヘアを30cmにカットします。
60cmの束を中央で二つにカットします。
束の両端をしっかり束ねておきます。

3:ヘアを10本ぐらいずつ、針に通します。
束の中から10本ぐらいを抜きます。
4:ヘアを針に通します。
まとめて針に通し、中央まで入れます。
51:ヘアは中央あたりで半分にします。
6:ヘアの後ろを結びます。
この状態のヘアを植毛していきます。
同じようなものを何個か用意しておくと便利。
7:首穴から針を刺します。
頭頂部分から植毛します。
布団針は長いものは不便です。ちょうどいいサイズの布団針を探しましょう。
8:ヘアの中央部分を引っ張り、しっかり伸ばします。
9:中央でヘアをカットします。
10:約15cmのヘアが一束植毛できました。
11:同じ要領で円を描くように植毛していきます。
同じサイズの同じようなヘアを事前に用意しておくと便利です。
12:前頭部を植毛します。
頭頂部に一塊の植毛が済んだら、続けて前頭部に植毛します。

13:全体を植毛していきます。
前頭部から即頭部、後頭部と植毛していきます。
13:植毛ラインまで植毛していきます。
ヘッドに刻まれているラインを目安に一通り植毛を済ませます。どの程度、緻密に植毛するかは経験とヘアデザインによります。最初は大まかに試してみましょう。
13:ヘアーを寝かせるため熱湯をかけます。
バケツ等を用意しておき、ヘッドを某で支えて上から熱湯を掛けられるように準備します。この段階では植毛の毛は上向きに立っています。
90度ぐらいの熱湯をさっとかけます。何度か繰り返します。
ヘアーがしなりますので、一度乾燥させます。
ドライヤーを軽くあてて乾燥させましょう。
14:更に細かく植毛していきます。
頭のセンターに前髪の縦ラインを作ります。
縦一列に揃った植毛ラインを作りましょう。
先に大まかに植毛していた間に植毛していきます。
15:髪の毛の向きを左右に考えながら更に植え込んでいきます。
中央に最初の一列を作ったら、次は反対側に寝させる髪の毛のラインを植え込んでいきます。画像向かって右に植え込んだ最初のラインに対して、右側から植えて、左に倒れるラインを作っていきます。(交差させることで毛のない溝が見えないようにしています。)
16:再度ヘアーを寝かせるため熱湯をかけます。
途中、何度か繰り返します。
17:ヘアーの向きを考えて植え込みます。
前後、左右を意識しながら隙間を埋めるように植え込みます。
一通り植え込みが完成しました。
18:更に植え込みます。
前後、左右を意識しながら隙間を埋めるように更に植え込みます。
19:お湯をかけて寝かせます。
20:植毛完成
一通り自然な状態になったか確認します。
今度は隙間が気になりません。
20:ボブカット完成
ボブは、前髪を一直線にカットするだけ、その他の髪も簡単に横に切るだけです。隙バサミを上手に使うと雰囲気がでます。
横からみた状態。
真上からみた状態。
生え際を見せるようなヘアスタイルの場合は、もっと緻密に植え込む必要があります。
 

TOP